ドキドキの一人暮らし、人気エリアで良いスタートをきりましょう!!

素敵なライフスタイルのためにまずは基盤となる部屋さがし

都会で一人暮らししている若者たちは、故郷を離れてそれぞれの思いを形にするために、上京してきています。
そして一人一人が、根を下ろしたところで、彼らの物語を新しく作っていくのです。
そんな一人暮らしの彼らが気にする人気エリアがあります。
その半面、一人暮らしで敬遠されるエリアも当然あります。
まず基本的に 一人暮らしに欠かせない設備と言うものがあります。
それは「エアコン」と「バストイレ別」なんですね。

一人暮らしを考えている入居者のなかには「付いていて当たり前」と思っている人も多く、オ-ナ-はそのことを気に掛けなければなりません。
しかし借りる側は、例えばバストイレ一体型ならば賃料が安くなるかな、とかが考えられる利点があります。
そして女性の場合、一人暮らしならば「2階以上」という条件がございます。
セキュリティや日当たりの面のこともあり、断然人気が高いです。
これらのことを押さえつつ、都心東京のなかでの人気エリアをざっと紹介してみます。
かつて自分が一人暮らしで住んでいたところとか、今自分が住んでいるところ、そして知り合い、知人が、現在を含めて今まで住んだことのある街ばかりです。

まず 明大前(世田谷区)を上げてみます。
こちらは明大生の街なので、色んなお店、特に飲食が多いのが住みやすさの超メリットと言うところになります。学生の街なので一人暮らしには適していると言えます。
アクセスが良くて、新宿まで乗り換えなしで行けるのは助かります。
一人暮らしのワンルーム家賃相場は、学生の街らしく6.5(万円)というところでしょう。

そうなると吉祥寺も人気エリアと言えるでしょう。
交通の便がよく、ショップや飲食店が多くあり、井の頭公園に代表される静寂な住宅街が隣接しています。
治安もよく、かつてTVドラマ「俺たちの旅」でロケ等にもよく出てきて今も人気エリアではありますが、過去にも一人暮らしだけでなく住みたい人気エリアとして名を連ねていました。
一人暮らしのワンルーム家賃相場は8(万円)前後というところです。

そして今何かと名前の出てくる二子玉川なのです。
大きなショッピングセンタ-が多数存在します。
情報発信もおこなっておりセレブなマダムを見かけたり、芸能人にばったり出会ったりするので楽しい街でもあります。
アクセスは、東急田園都市線であり、渋谷まで乗り換えなしで行くことが出来ます。

そして渋谷です。
今日本中の若者たちが住みたいと考えている街渋谷です。
最近売りだしてきたとか言うのではなくて、昔から渋谷は渋谷でした。
日本中への情報発信基地であり、ファッション最先端の街ではあります。
不夜城の街でもあります。
業界志向の若者の絶対的人気エリアであります。
その人気の高さゆえに一人暮らしのワンルーム家賃相場は、10万円を超えて11万ほどです。
・・・そしてアクセスは、山手線、銀座線、副都心線、東横線があり、どう回っても到着することが出来ます。

下北沢は世田谷区にありア-ティストの街でもあります。
将来のビッグスタ-を夢見る若者たちの歌が聞けるライブハウスや居酒屋、古着店、雑貨店、いたるところにあり、そういう方面に明るい人が住むとしたらということで人気エリアに上げられています。
過去から若者の街として有名ではありました。
一人暮らしのミュ-ジシャンの卵がたくさんおります。
彼らにとっては、最高の人気エリアになるのです。

そして住みたい街上位ランキングの常連なのが代官山です。
坂道にマッチした多彩な店づくりが住む人を和ませます。
そしてその喧騒を少し離れると落ち着いた高級住宅街が控えています。
代官山では、華やかさと静寂が上手く混ざり込んで、訪問者を「ここに住みたい」という気持ちにさせるオ-ラ-のようなものが出ており、今リピ-タ-の再訪問率が高い街でもあります。

中目黒も人気エリアを語るならば、飛ばすことのできない街です。
中野に一人暮らししています、というと「この人、おしゃれ」というイメ-ジが、がんがんして小粋な街といえば中野でしょう。
一人暮らしのワンルーム家賃相場はだいたい9(万円)ほどで、渋谷、六本木、銀座へもスイスイと行くことが出来ます。

そして最後ご紹介の人気エリアは高田馬場であります。
まさに早稲田一色の街です。
早稲田学生を中心に学生で溢れる街で 一人暮らしの学生がうようよいます。
アクセスの良さはピカイチで新宿・渋谷・池袋へ直結しています。
学生には人気エリアということが言えるでしょう。